【ついに】東京2020公式アートポスター全20作品が完成、国内外のアーティスト19組が制作

 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は東京2020公式アートポスター全20作品を6日、公開した。漫画家・荒木飛呂彦さん(59)、写真家・蜷川実花さん(47)、漫画家・浦沢直樹さん(60)など国内外のアーティスト19組により、オリンピックをテーマとした12作品、パラリンピックをテーマとした8作品が制作された。

 今後、これらの作品を東京2020大会のポスターとして活用していくほか、3月頃から公式ライセンス商品としても順次展開していく予定。また、7日からは「東京2020公式アートポスター展」が東京都現代美術館で行われる。

https://hochi.news/articles/20200106-OHT1T50124.html – スポーツ報知


ネットの反応・・・


『公式アートポスター』って何??

 公式アートポスターの制作は開催都市契約に定められた要件の一つとされており、各大会の組織委員会は、オリンピックというスポーツ・文化イベントへの認知と理解を促進するために、ポスターを制作するようになった。

 またオリンピックのポスターは、各大会の特色を世界に伝える役割も果たしており、近年では、パラリンピックのポスターも含め、国際的に活躍するアーティストやデザイナーを起用し、各大会の文化的・芸術的レガシーとなる作品を制作するようになった。

 その中からは、時代のアイコンとなるような作品も生まれている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。